東松戸はなぞの眼科

松戸市東松戸の眼科、東松戸はなぞの眼科

〒270-2225 千葉県松戸市東松戸2-3-2
TEL 047-712-0015
コンタクトレンズは
 めがねは
 
にて販売中
※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
 
トップページ»  各種レーザー機器導入

パターンスキャニングレーザーとは

光凝固装置とは

新たに各種レーザー光凝固装置を導入いたしました。
光凝固装置とは眼底にある「網膜」にレーザーを照射することにより病気(糖尿病網膜症、網膜裂孔など)の進行を抑制したり治療を行う装置です。

当機種は、一点照射だけでなく、指定したパターン(形状)でレーザを連続照射する“スキャンモード” という照射方法が搭載されています。
スキャンモードを使用することで、従来のレーザーに比べ均一の凝固を行うことができ、網膜への浸潤の低減、患者様の疝痛の軽減、治療時間の短縮、治療回数の低下を達成できております。
レーザーによる網膜光凝固は外来手術となりますので、治療の際には担当医の説明をよくお聞きの上、受けて下さい。

光凝固装置
※画像をクリックすると拡大します